VirtualBoxの警告「The vboxdrv kernel module is not loaded.」の対処

 

CentOS8でVBoxManageコマンドを使用していると、次のような警告が表示された。

(vagrantコマンドでもVBoxManageが使われているコマンドで出現するらしい)

WARNING: The vboxdrv kernel module is not loaded. Either there is no module
         available for the current kernel (4.18.0-240.1.1.el8_3.x86_64) or it failed to
         load. Please recompile the kernel module and install it by

           sudo /sbin/vboxconfig

         You will not be able to start VMs until this problem is fixed.

 

素直に sudo /sbin/vboxconfig を実行すると、vboxdrv.sh なるものが実行されて失敗した。

# sudo /sbin/vboxconfig
vboxdrv.sh: Stopping VirtualBox services.
vboxdrv.sh: Starting VirtualBox services.
vboxdrv.sh: Building VirtualBox kernel modules.
vboxdrv.sh: failed: Look at /var/log/vbox-setup.log to find out what went wrong.

 

見ろと書かれている/var/log/vbox-setup.logを覗くと、libelf-dev、libelf-devel、elfutils-libelf-devel のどれかをインストールしてくれと書かれていた。

Building the main VirtualBox module.
Error building the module:
make V=1 CONFIG_MODULE_SIG= CONFIG_MODULE_SIG_ALL= -C /lib/modules/4.18.0-240.1.1.el8_3.x86_64/build M=/tmp/vbox.0 SRCROOT=/tmp/vbox.0 -j16 modules
make[1]: warning: -jN forced in submake: disabling jobserver mode.
Makefile:978: *** "Cannot generate ORC metadata for CONFIG_UNWINDER_ORC=y, please install libelf-dev, libelf-devel or elfutils-libelf-devel".  Stop.
make: *** [/tmp/vbox.0/Makefile-footer.gmk:117: vboxdrv] Error 2

 

下記のコマンドを実行して、どれがインストール可能であるか確認する。

自分の場合は elfutils-libelf-devel しかないのでそれを選択した。

# sudo dnf list | grep libelf
elfutils-libelf.x86_64                                    0.180-1.el8                                      @BaseOS      
elfutils-libelf.i686                                      0.180-1.el8                                      baseos       
elfutils-libelf-devel.i686                                0.180-1.el8                                      baseos       
elfutils-libelf-devel.x86_64                              0.180-1.el8                                      baseos       
gcc-toolset-10-elfutils-libelf.i686                       0.180-1.el8                                      appstream    
gcc-toolset-10-elfutils-libelf.x86_64                     0.180-1.el8                                      appstream    
gcc-toolset-10-elfutils-libelf-devel.i686                 0.180-1.el8                                      appstream    
gcc-toolset-10-elfutils-libelf-devel.x86_64               0.180-1.el8                                      appstream    
gcc-toolset-9-elfutils-libelf.x86_64                      0.176-5.el8                                      appstream    
gcc-toolset-9-elfutils-libelf-devel.i686                  0.176-5.el8                                      appstream    
gcc-toolset-9-elfutils-libelf-devel.x86_64                0.176-5.el8                                      appstream    

 

インストールして/sbin/vboxconfigを再実行する。

正常に処理が終了して、VBoxManageコマンドを使用しても警告が表示されなくなった。

# sudo dnf install elfutils-libelf-devel
# sudo /sbin/vboxconfig
vboxdrv.sh: Stopping VirtualBox services.
vboxdrv.sh: Starting VirtualBox services.
vboxdrv.sh: Building VirtualBox kernel modules.

 

記事の評価をお願いします。今後の参考にさせていただきます。
  • 役に立った (0)
  • まあまあだった (0)
  • 理解不能 (0)
  • 役に立たなかった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。