Ubuntu で Intel Quartus Prime・ModelSim を使うメモ

 
(2022年7月1日追記) この記事は1年前の少し古い情報になります。最新版に関しては最下部のコメント欄も合わせて御覧ください。
(2022年7月1日追記) 私の環境では、Ubuntu 22.04 でインストールに失敗します。(インストーラーがクラッシュする。) Ubuntu 20.04 なら問題なく進められました。

ダウンロード

下記URLからLinux版インストーラーをダウンロードする。

Intel® Quartus® Prime Lite Edition Design Software Version 20.1.1 for Linux

Intelアカウントが必要。 (2022年7月1日追記:いつの間にか要らなくなってた) Liteエディションなら無料だけど、最新版は選べないっぽい。一式ファイル Quartus-lite-???-linux.tar をダウンロードしておけば間違いはないはず。バージョン20.1.1は6.4GBほどある。

 

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍してsetup.shを実行する。実行中にインストール場所を指定するので、そのパスをメモしておく。

tar xf Quartus-*.tar
cd Quartus-*
./setup.sh

先ほどメモしたインストール場所を元に、パスを通す。~/bashrc などに追記する。

export PATH=$PATH:"/<インストール場所>/<バージョン>/quartus/bin"
export PATH=$PATH:"/<インストール場所>/<バージョン>/modelsim_ase/bin"

以下のパッケージが不足していると起動しないのでインストールする。

apt install libxft2:i386 libxext6:i386 libstdc++6:i386

 

ModelSim の起動

# vsim

 

Quartus の起動

# quartus

 

FPGAボードの接続に必要な準備

USB Blasterのための設定 を参考に、設定を行う。

/etc/udev/rules.d に以下の内容で 51-usbblaster.rules ファイルを作成する。

# For Altera USB-Blaster permissions.
BUS=="usb", SYSFS(idVendor)=="09fb", SYSFS(idProduct)=="6001", MODE="0666", PROGRAM="bin/sh -c 'K=%k; K=$${K#usbdev}; printf /proc/bus/usb/%%03i/%%03i $${K%%%%.*} $${K#*.}'", RUN+="/bin/chmod 0666 %c"

その後、再起動する。

これで Quartus がボードを認識するようになるが、自分の環境だとデータの転送に失敗する。解決策は下記参照。

 

Quartus で FPGAボートにデータを転送しようとして失敗する場合

自分の環境では、Quartus からボードに転送を行うとエラーが発生する。jtagd というプロセスを root 権限で動かすと問題が解決するが、それが最善の解決策なのかは分からない。とりあえず動く。

現在起動している jtagd の pid を調べる。

# ps -e -o pid,cmd | grep jtagd | grep -v grep

jtagd のプロセスを終了させる。

kill <jtagdのpid>

root 権限を付けて jtagd を起動する。sudoで実行するとパスが通っていないので、絶対パスで実行する。もしくはパスを通しておく。

sudo /<インストール場所>/<バージョン>/quartus/bin/jtagconfig

 

評価ありがとうございます。
記事の評価をお願いします。今後の参考にさせていただきます。
  • 役に立った (1)
  • まあまあだった (0)
  • 理解不能 (0)
  • 役に立たなかった (0)

コメント (1件)

  1. Ubuntu WSL2でバージョン21.1 Lite版をインストールしたのですが、
    vsimを実行しようとすると、下記のエラーが発生します
    Lite版はライセンスファイルが要らないと、Intelのページにもあったのですが、
    分かりますでしょうか?
    なお、21.1になって、vsimのインストール2か所あり、どちらでも同じ症状です
    ~/intelFPGA_lite/21.1/questa_fe/bin
    ~/intelFPGA_lite/21.1/questa_fse/bin

    $ ./vsim
    Unable to checkout a license. Make sure your license file environment variable (e.g., LM_LICENSE_FILE)
    is set correctly and then run ‘lmutil lmdiag’ to diagnose the problem.
    Unable to checkout a license. Vsim is closing.

    • 記事の内容は20.1でしたので、私もバージョン21.1を試してみました。
      かなり手間が掛かりますが、問題なく動作しました。

      まず、questa_fe と questa_fse の2つが存在することですが、一方は有料版です。
      確か questa_fse が無料版、questa_fe が有料版だったと思います。
      インストール時に何をインストールするか選択する画面があると思うのですが、
      一番下のQuestaは有料版なのでチェックを入れないようにして下さい。
      下から2番目の選択肢が、無料版です。
      20.1の場合も同様に注意して下さい。

      次に、ライセンスについて…
      21.1でも無料で使えますが、無料のライセンスを発行する必要があるようです。
      手間が掛かるので、時間がない場合はライセンスが不要な20.1の利用をオススメします。
      具体的なライセンスの取得方法ですが、下記のサイトを参考にさせて頂きました。
      https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/articles/intel/139706/

      途中で現れる「License Type」は「FIXED」を、「プライマリ・コンピューターの種類」には「NIC ID」を、「Primary Computer ID」は Quartus を起動して「Tools」–> 「License Setup」をクリックすると一番下に表示される NIC ID を入力しました。

      それ以外はサイトの指示に従えば大丈夫だと思います。
      時間に余裕ができたら詳細な手順を記事にしようと思います。

  2. 21.1を試していただきありがとうございました。
    また、詳細な説明有難うございました。

    おかげさまで、21.1の起動に成功しました。
    初めてのツール導入でまだ未知なこと多々ありますが、これをきっかけに勉強していこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.