GmailのSMTP・IMAP・POP サーバー情報

 

Gmailを他のメールクライアントで受信する際に必要となる情報をまとめました。

設定例にはOutlookを用いています。

 

設定前に確認すること

メール受信用のIMAP・POPサーバーを利用する際、Gmailでの設定が必要です。

下記URLへアクセスし、「メール転送と POP/IMAP」のPOP・IMAPを有効に設定してください。

使うものだけで構いません。

https://mail.google.com/mail/#settings/fwdandpop

 

GoogleはOAuth 2.0という認証方法を用いており、対応していないアプリケーションは認証に失敗します。

その場合は下記URLへアクセスし、「安全性の低いアプリの許可」を有効にしてください。

通信するたびに認証を行うため、利用している間は有効にしておく必要があります。

https://myaccount.google.com/security#connectedapps

 

 

IMAP(メール受信用)サーバー

アドレス:imap.gmail.com

ポート番号(SSL):993

 

POP(メール受信用)サーバー

アドレス:pop.gmail.com

ポート番号(SSL):995

 

SMTP(メール送信用)サーバー

アドレス:smtp.gmail.com

ポート番号(SSL):465

ポート番号(TLS):587

※TLS推奨

※認証必須

 

 

設定例(Outlook)

 

1.サーバー情報とログイン情報を画像のように入力します。

入力後に右下の「詳細設定」をクリックします。

 

2.「送信サーバー」タブを開き、「送信サーバーは認証が必要」にチェックを入れます。

 

3.暗号化方法とポート番号を設定します。

IMAP(受信サーバー)はSSLで993番ポート、SMTP(送信サーバー)はTLSで587番ポートで設定します。

入力が完了したら「OK」をクリックしてください。

 

4.元の画面に戻ったら、「次へ」ボタンをクリックします。

認証とメールのテスト送信に成功すれば、設定完了です。

失敗する場合はこの記事の最上部にある「設定前に確認すること」をもう一度読んでみてください。

以上です。

 

 

評価ありがとうございます。
記事の評価をお願いします。今後の参考にさせていただきます。
  • 役に立った (1)
  • まあまあだった (0)
  • 理解不能 (0)
  • 役に立たなかった (0)

コメント (1件)

  1. ピンバック:Wordpressプラグイン Gmail SMTP の設定方法 – Matumo Dev

コメントを残す