Windows版VirtualBoxで仮想HDDのUUIDを変更する方法

 

設定に追加済みの仮想HDDのUUIDを変更する方法を紹介します。

UUIDの衝突時などに利用してください。

 

 

1.登録されている仮想HDDの確認をする。

 

VirtualBoxを起動し、右上の「Global Tools」をクリックします。

ここで追加されている全てのディスクの情報が表示されるので、これからUUIDを変えるディスクの存在を確認しておいてください。

また、手順3で仮想HDDファイルのフルパスを利用するので、Locationの値を把握しておくと楽です。

 

 

2.コマンドプロントを開く。

 

Windowsスタートアップメニューの検索欄に「cmd」と入力するか、「ファイル名を指定して実行」に「cmd」と入力して実行すれば開けると思います。

 

3.下記コマンドを実行する。

 

"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage" internalcommands sethduuid "D:\VirtualBox VMs\Windows 10\hdd.vdi"

オレンジ色の部分はVirtualBoxのインストールフォルダを指定してください。

青色の部分は、UUIDを変更したい仮想HDDファイルのフルパスに変更してください。

※ 空白が含まれることを考慮して ”(ダブルクオーテーション)で囲っています。

※ ダブルクオーテーションは残しておくことを推奨します。

 

以上です。

 

評価ありがとうございます。
記事の評価をお願いします。今後の参考にさせていただきます。
  • 役に立った (0)
  • まあまあだった (0)
  • 理解不能 (0)
  • 役に立たなかった (1)

コメントを残す