Windows版VirtualBoxで仮想HDDのUUIDを変更する方法

 

設定に追加済みの仮想HDDのUUIDを変更する方法を紹介します。

UUIDの衝突時などに利用してください。

※2019年2月23日 バージョン6から一部の手順が変わったので修正。

 

1.登録されている仮想HDDの確認をする。

・VirtualBox 6 以上の場合

VirtualBoxを起動し、左メニューの最上部にある「Tools」をクリックする。

「Tools」の右端にリストアイコンが表示されるので、クリックして「Media」を選択する。

・VirtualBox 5 以下の場合
VirtualBoxを起動し、右上の「Global Tools」をクリックする。

ここで追加されている全てのディスクの情報が表示されるので、これからUUIDを変えるディスクの存在を確認しておく。

また、手順3で仮想HDDファイルのフルパスを利用するため、Location(場所)の値も把握しておく。

 ※画像はVirtualBox5のもの。

 

 

2.対象の仮想HDDを設定から除去する。

ソフトウェアが仮想HDDをUUIDで管理しているため、一旦除去する。

注意:除去すると対象の仮想HDDがどの設定と紐付いているか判別できなくなるため、メモしておく等の対策が必要。

どの仮想環境と紐付いているかは、下記にある「解放」を行う際に表示される。

対象の仮想HDDを右クリックして、解放をクリックする。

先述の通り、紐付いている仮想マシンの確認をしてから解放する。

もう一度対象のHDDを右クリックして、除去をクリックする。

※注意:必ず「保持」を選択して除去する。

必ず「保持」を選択する。理由はダイアログに記述されている通り。

 

3.コマンドプロントを開く。

Windowsスタートアップメニューの検索欄に「cmd」と入力するか、「ファイル名を指定して実行」に「cmd」と入力して実行すると開ける。

 

4.下記コマンドを実行する。

"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage" internalcommands sethduuid "D:\VirtualBox VMs\Windows 10\hdd.vdi"

オレンジ色の部分はVirtualBoxのインストールフォルダを指定する。

青色の部分は、UUIDを変更したい仮想HDDファイルのフルパスに変更する。

※ 空白が含まれることを考慮して ”(ダブルクオーテーション)で囲っている。

※ ダブルクオーテーションは残しておくことを推奨。

「UUID changed to: <UUID>」と表示されたら成功。

 

5.再度、仮想HDDを追加して仮想環境と紐付ける。

各々の仮想環境設定で対象の仮想HDDを追加し紐付ける。

一度追加すればリストから選べるようになる。

先程除去したため、とりあえず「追加」を選択して作業を進める。

 

評価ありがとうございます。
記事の評価をお願いします。今後の参考にさせていただきます。
  • 役に立った (1)
  • まあまあだった (0)
  • 理解不能 (0)
  • 役に立たなかった (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。