Atomに日本語Latex環境を構築する方法

 

個人的に使っているAtomの日本語Latex環境を紹介する。

 

設定手順

1.TexLiveをインストールする。

Windows:https://www.tug.org/texlive/acquire-netinstall.html

Linux(apt):apt install texlive-full

Linux(yum):yum install texlive-*

 

2.4つのAtomパッケージをインストールする。

「latex」ビルドしてPDFを生成するのに利用

「 language-latex」シンタックスハイライト(コードに色つけ)に利用

「latexer」自動補完に利用

「pdf-view」PDFを閲覧するのに利用

 

3.「latex」の設定を行う。

・Engineをplatexにする。

・Clean PatternsからPDFを消す。(任意)

Ctrl-Alt-cでビルド時のゴミファイルを消すことができるが、PDFも消えてしまうのが嫌な人は設定する。

 

・「Build on Save」「Open Result after Successful Build」「Open Result in Background」にチェックを入れる。

「Build on Save」はTEXファイルをセーブすると自動的にPDFファイルを生成してくれる設定。

「Open Result after Successful Build」と「Open Result in Background」はPDFを自動的に開く設定。

・「Opener」を「pdf-view」に設定する。「Pdf View Split Direction」はPDFを表示させたい場所を指定する。(個人的にはrightがオススメ)

 

使い方

1.TEXファイルを作って保存する。(Ctrl-cで保存可能)

2.自動で同フォルダにPDFファイルが生成されるので、ダブルクリックしてAtomで開く。(自動で開く設定にしていれば不要)

3.PDFのタブをクリックしたまま下に移動させ、好きな場所に持っていく。(個人的には右半分がオススメ)

 

4.あとはひたすら書いてセーブして確認の繰り返し…

5.作業を終えるときにCtrl-Alt-cでゴミファイルを削除する。

 

セーブしてもPDFに反映されないときは、Ctrl-Alt-cでゴミファイルを削除すると解決するかもしれない。

 

評価ありがとうございます。
記事の評価をお願いします。今後の参考にさせていただきます。
  • 役に立った (1)
  • まあまあだった (0)
  • 理解不能 (0)
  • 役に立たなかった (0)

コメントを残す