WordPressプラグイン Gmail SMTP の設定方法

 

GmailのSMTPサーバーのアドレスやポート番号が知りたい方はこちらへ…

 

※手順13に追記あり(2018年12月12日)

※最終動作確認 2018年12月12日

GmailではIDとパスワードで認証してSMTPサーバーを利用することが難しくなったので、GmailAPIを利用する。

 

プラグインのインストール

「Gmail SMTP」をインストールする。

https://ja.wordpress.org/plugins/gmail-smtp/

他のSMTPプラグインは無効化しておく。

 

 

プラグインの設定方法

 

1.https://console.developers.google.com へアクセスする。

 

2.送信に利用したいGmailアカウントでログインする。

 

3.プロジェクトを選択 をクリックする。

 

4.右上のプラスマークをクリックして、新規プロジェクトを作成する。

 

5.プロジェクト名を入力して作成ボタンをクリック。名前は何でもOK。

 

6.手順3と同じ、左上のプロジェクトを選択をクリック。

 

7.手順5で作成したプロジェクトをクリック。作成中の場合は少し待つ。

 

8. 「 API とサービスの有効化」をクリック。

 

9.「Gmail API」を見つけてクリック。

 

10.「有効にする」ボタンをクリック。

 

11.左側メニューの「認証情報」をクリック。

 

12.「OAuth 同意画面」をクリック。

 

13.メールアドレスを確認し、サービス名を自由に入力した後に保存ボタンをクリック。(保存前に下記の追記を見ること)

※追記(2018年12月12日)

入力する項目が増えた。保存前に「承認済みドメイン」に自分のサイトのトップドメインを入力する。

 

14.「認証情報を作成」の「OAuth クライアント ID」をクリックする。

 

15.「ウェブアプリケーション」にチェックを入れ、名前を自由に入力する。

 

16.Wordpressの「設定」の「Gmail SMTP」を開き、「Authorized Redirect URI」を確認する。

 

17.手順15のページへ戻り、「承認済みのリダイレクト URI」に手順16で確認したURIをコピペし、作成ボタンをクリック。

 

18.「クライアントID」と「クライアントシークレット」をメモ…

雑なモザイク

 

19.Wordpressの「設定」の「Gmail SMTP」を開き、設定していきます。

Client ID に 手順18でメモしたクライアントID

Client Secret に 手順18でメモしたクライアントシークレット

OAuth Email Address に 送信で利用するGmailのメールアドレス

From Email Address に 送信元のメールアドレス(上のアドレスと同じでいい)

From Name に 送信者名

Type of Encryption は TLS

SMTP Port は 587 (TLSが587、SSLが465)

 

全てが入力できたら「Save Changes」をクリック。

 

 

20.手順19の設定画面の一番下にある「Grant Permission」ボタンをクリック。

 

21.送信に利用するメールアドレスでログイン

 

22.緑チェックマークになれば認証成功。

23.送信テストをする。「Test Email」タブを開き、送信先メールアドレス、件名、本文を入力して、「Send Email」ボタンをクリック。

 

24.無事受信できれば完了。

 

お疲れ様でした。

 

評価ありがとうございます。
記事の評価をお願いします。今後の参考にさせていただきます。
  • 役に立った (1)
  • まあまあだった (0)
  • 理解不能 (1)
  • 役に立たなかった (0)

コメント (1件)

  1. ピンバック:Gmail SMTPを導入する方法 | ちびっとトラベラー

  2. ピンバック:サイト構築なメモ | ぶぶろぐ

コメントを残す