JavaScript や Nodejs でシンプルに時刻の yyyy-mm-dd hh:mm:ss フォーマット文字列を作成

 

外部ライブラリを使わず標準機能だけを使って、なるべく簡単に時刻の yyyy-mm-dd hh:mm:ss フォーマット文字列を作成する。

 

世界標準時

var str_date = new Date().toISOString().replace('T', ' ').substr(0, 19);
console.log(str_date);

日本標準時(+9時間)

var date = new Date();
date.setTime(date.getTime() + (9*60*60*1000));
var str_date = date.toISOString().replace('T', ' ').substr(0, 19);
console.log(str_date);

システムのタイムゾーンに合わせる

var date = new Date();
date.setTime(date.getTime() - (date.getTimezoneOffset()*60*1000));
var str_date = date.toISOString().replace('T', ' ').substr(0, 19);
console.log(str_date);

 

記事の評価をお願いします。今後の参考にさせていただきます。
  • 役に立った (0)
  • まあまあだった (0)
  • 理解不能 (0)
  • 役に立たなかった (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。